プライムケイズ かぶりつきネック部分 [pk-kabur]

プライムケイズ かぶりつきネック部分

プライムケイズ かぶりつきネック部分 [pk-kabur]

販売価格: 713円(税別)

(税込価格: 784円)

在庫あり
数量:

 

  • 長期無薬鶏
    かぶりつき ネック部分



    ホルモン剤や抗生物質を一切使用せずに育てた、長期無薬鶏のせせり部分を大胆にレトルト処理だけし、丸ごとかぶりついて、すべて食べられる商品を作りました。
    一番鶏が動かすネックは、焼き鳥でも一番人気のせせりとして有名です。
    こりこりプリプリの肉質!一本かぶりついて食べる喜びも味わえます!

    長期無薬鶏とは

    大自然から湧き出る美味しい水を飲んで広びろとした飼育スペースでのびのびと育てています。飼料は、遺伝子組み替えを操作せず、収穫後の農薬を使用してい ない、とうもろこしに、カテキンとビタミンが豊富なお茶を添加しています。肉質も、従来のブロイラーに比べ、旨み成分イノシン酸が約15%も多く、歯ごた えもさっくりとしたキメ細かです。 管理も徹底し、ひよこを生産する孵卵場・育てる養鶏農家・飼料を作る飼料工場・食鳥処理場など全てが吟味されていま す。また、各シーンで様々なチェック項目を設け、厳しいチェックにより育てられています。

    鶏肉ってすごいです!

    消化が良いたんぱく質で、必須アミノ酸のメチオニンが多く含まれます。
    メチオニンは肝臓に脂肪がたまるのを防ぎます。

    脂質もすごい!!

    鶏肉の脂質は必須脂肪酸のリノール酸・リノレン酸が多いので、コレステロールのとりすぎの心配もありません。肉食による肥満を心配するわんちゃん・ねこ ちゃんには格好のたんぱく源です。しかし、この脂肪酸の難点は、酸化しやすい事で す。そこで安定させるために、ビタミンEなどの抗酸化作用のある成分を一緒にとるのがポイントです。
    牛・豚肉の10倍も含まれているビタミンAは、粘膜を強化します。 美容ビタミンといわれるビタミンB2も多く含むので、皮膚・被毛の健康には欠かせません。

    飼育環境・飼料に、こだわった鶏

    この長期無薬鶏の飼料は抗生物質やホルモン剤を一切使っていません。
    そして広い飼育スペースに放し飼いの状態で飼育しております。昼は広々とした敷地内を自由に動き回り、夜は自分たちで鶏舎の中に入ります。運動量は十分過 ぎるほどです。自由に動き回ることができ、ストレスもなく、郊外の自然の中で、伸び伸びと成長した鶏。手間ひまかけて大切に育てられた鶏の鶏肉だからこ そ、臭みがなく適度に香りの良い脂肪、「こく」のある肉質が楽しめるのです。

    安全な食品工場

    長期無薬鶏の「ネック」を衛生管理の徹底した人間の食品工場(ハム・ソーセージ工場)でレトルト処理させ、人間の食事と同じ安全基準の商品を作りました。 ですから、もちろん飼い主さんも食べていただけます。わんちゃん・ねこちゃんには、そのまま。飼い主さんは少し味付けをしていただくと、一緒にたべていた だけます。

    こんな子に食べてほしい!

    幼犬・幼猫・老猫・老犬・胃弱な子の淡白源にピッタリな商品です。
    高たんぱくで低カロリーの肉として、肥満が気になる子にも安心して食べさせてあげられます。
    食欲不振の子には、温めなおしていただくと、香りが増し一層食べやすくなります。
    野菜と一緒に軽くボイルしてミキサーにかけて老犬・老猫や幼犬・幼猫・病中・病後の介護食・離乳食としてご利用いただく方法もあります。

    食べ方例

    ・そのままおやつとして食べる。
    ・ドライフードにトッピング。
    ・手づくりご飯にトッピング
    ・ご飯・パスタ・うどんにトッピング。
    ・スープ(だし汁)をかける。
    ・つぶして、ハンバーグの具材に。
    ・ほぐしてサラダにトッピング。
    ・サプリメントをふりかけて。

    その子の好みや体調に合わせて量を加減して食べさせてあげてください。

    保存方法

    未開封の場合、常温で1年間。
    開封後は必ず冷蔵庫で保存し、 1週間以内にご利用ください。
    (その際は、ご利用前に人肌に温めなおしてください。)

    原材料

    鶏肉 ネック(島原名水鶏)100%

    安全・無添加

    製品には、エトキシキン・BHA/BHTや防腐剤、
    保存料、発色剤などの添加物を一切使用しておりません。
    化学調味料などによる味付けもしておりません。

レビュー

0件のレビュー
◆効能効果の記載について
効能効果の記載が認められていない商品について、身体機能の向上、
改善、疾病の予防、治癒などに関する記載はお断りしております。
間接的な表現、示唆するような表現、成分の説明などでも同様となります。