アミノコンプレックス レバーブースト [ami-liverb]

アミノコンプレックス レバーブースト


肝臓の健康のための栄養素を配合。

アミノコンプレックス レバーブースト [ami-liverb]

販売価格: 5,019円~15,391円(税別)

(税込: 5,520円~16,930円)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

サイズ:
数量:

 

  • 大豆プロテイン配合

    【活性配合成分】
    ●肝機能のための機能性素材
    ・グルタチオン
    慢性肝炎、食品添加物による影響、皮膚障害の際には特に必要な成分です。
    ・グリチルリチン(食品規格)
    抗ウィルス作用で知られる生薬甘草の主成分はグリチルリチンです。本製品には食品規格の甘草を配合しました。
    ・タウリン
    性肝炎の際特に有用な栄養素です。

    ●肝臓を保護するアミノ酸類をバランスよく含み、一般の食事に混ぜることで肝臓トラブルの際に推奨される最新の療法食と同等に与えることが可能になります。
    ・濃縮大豆プロテイン(非遺伝子組み替え)は、アミノ酸組成に優れ、大豆イソフラビンを含み肝臓トラブルの際積極的に摂取すべき食品として認められています。
    ・コラーゲンペプチドは衰弱した肝臓に不可欠な良質のアミノ酸を供給します。
    ・肝機能庇護のため次のアミノ酸を配合しました。
    ロイシン、イソロイシン、リジン、スレオニン、 アラニン、アスパラギン酸、グリシン、メチオニン。

    ●栄養バランス改善、肝機能のサポートのため次の機能性食品を配合しました。
    ・乾燥卵黄糞には卵黄レシチンを含み、リノール酸などの必須脂肪酸を供給します。
    ・アスコフィラムノドサム(ケルプ)は微量ミネラル、アルギン酸、フコダインなどを含みます。
    ・DHA、EPA。
    ・牡蠣粉はカルシウム素材としての有用性、安全性が確認されています。
    ・醗酵クエン酸はクエン酸サイクルを賦活してエネルギー生成を助けます。
    ・緑茶抽出物はフラボノイドを含み肝臓保護作用があります。
    ・スピルリナに含まれる葉緑素には強い肝臓保護作用が認められています。

    ●AAFCO栄養基準に基づきビタミン13種及びビタミン様物質を配合しました。
    ・油溶性ビタミン5種   
    ビタミンA、活性型ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンK3
    ・水溶性ビタミン8種   
    ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、葉酸、ナイアシン、パントテン酸
    ・ビタミン様物質4種  
    ビオチン、コリン、イノシトール、βカロチン

    ●AAFCO栄養基準に基づきミネラル13種を配合しました。   
    カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、塩素、マグネシウム、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン

    ●.消化器と肝臓のために消化酵素を配合しました。   
    タンパク質分解酵素、澱粉分解酵素、乳糖分解酵素、繊維分解酵素、膵臓酵素群  

    【原材料】
    濃縮大豆プロテイン(非遺伝子組み替え)、乳製品、コラーゲンペプチド、鶏レバー加水分解物、乳酵母、ビートファイバー、卵黄粉、甘草、グルタチオン高含有酵母、牡蠣粉、スピルリナ、タウリン、アスコフィラムノドサム(ケルプ)、緑茶抽出物、DHA、EPA、アミノ酸類(メチオニン、リジン、シスチン、アラニン、アスパラギン酸、グリシン)、ビタミン類(A、D3、E、K3、B1、B2、B6、B12、C、葉酸、パントテン酸、ナイアシン、ビオチン)、ビタミン様物質(コリン、イノシトール、βカロチン、レシチン)、醗酵クエン酸、膵臓酵素群、蛋白質分解酵素、乳糖分解酵素、澱粉分解酵素  

    【給与の目安】(1日量)
    毎回の食事と一緒に与えてください。
    犬の種類、状態で量を加減してください。
    体質に合わないときは使用を中止してください。
    小型犬 (10kg前後) ・・・6g
    中型犬 (20kg前後) ・・・12g
    大型犬 (30kg以上) ・・・18g

    肝臓の働きを助ける栄養素を配合 肝臓は体内で化学工場のような働きをしている臓器です。
    主な働きは
    1.あらゆる酵素や体に必要なさまざまな物質を合成する。
    2.老化した赤血球のヘモグロビンの処理
    また、肝臓は非常に頑強で3分の2を切り取っても再生できるという話です。
    頑強なために、実際に症状が出たときにはかなり深刻な状況であったり、何の症状も出ていないのにフィラリアの血液検査で数値がかなり悪いのが発見されたりすることも良くあるものです。

レビュー

0件のレビュー
◆効能効果の記載について
効能効果の記載が認められていない商品について、身体機能の向上、
改善、疾病の予防、治癒などに関する記載はお断りしております。
間接的な表現、示唆するような表現、成分の説明などでも同様となります。