プライムケイズ Happy Love [pk-hl50]

プライムケイズ Happy Love


HappyLoveの特徴

1.国産原材料100%使用
HappyLoveに使用されている鶏肉・野菜等の原材料は地元九州をメインに取り揃えた、100%国産原材料です。

2.長期無薬飼育鶏使用
主原料には、長期無薬飼育のブランド銘柄鶏『島原名水鶏』のささみを30%使用しています。
ホルモン剤や抗生物質を使わずに育てたトレサビリティーのはっきりわかる、正真正銘のブランド銘柄鶏です。

3.無添加・無香料・保存料ゼロ!
保存料や香料・発色剤、その他添加物は一切使用しておりません。

4.無農薬・減農薬に近い穀類・野菜のみ使用
野菜は地元九州で栽培された無農薬・減農薬に近い穀類・野菜だけを使用しています。

5.すべての原材料・産地を100%表示
「HappyLove」はすべての材料・産地を100%表示しています。

6.「可肉食100%」ミートミール(肉の粉・肉骨粉)など一切不使用
HappyLoveは長期無薬飼育のブランド銘柄鶏『島原名水鶏』のささみだけを使用しています。
「可食肉100%」。ミートミール(肉の粉・肉骨粉)などは一切使っていません。

7.特別ブレンド酵素「ケイズマイスター」も使用!
なんとHappyLoveには、消化吸収免疫力強化の効果抜群のケイズマイスターもたっぷりと使用されています!

プライムケイズ Happy Love [pk-hl50]

販売価格: 305円~15,200円(税別)

(税込価格: 329円~16,416円)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

サイズ:
数量:

 

  • 特徴
    主原料の鶏肉は無薬飼育鶏で安全です。
    自然、そして水の豊かな長崎県島原市の指定農場で、特別ブレンドの酵素「ケイズマイスター」入り飼料を食べ、水の郷100選のおいしい湧き水をたっぷりと飲むことにより抗生物質を使わずに飼育できます。
    塩分の蓄積を押さえ、従来のブロイラーにはない肉の締まりと、深い旨味がある鶏肉をお届けできます。
    HappyLoveは長期無薬飼育のブランド銘柄鶏『島原名水鶏』のささみだけを30%も使用しております。
    もちろん、保存料や発色剤は一切使用しておりません。
    「お肉100%」です!
    野菜は無農薬・減農薬のお野菜を使用しております。

    Happy loveは犬・猫対応です!
    わんちゃんも猫ちゃんも一緒にどうぞ!

    原材料
    無薬飼育鶏ささみ(長崎県産)、小麦粉(福岡県産)、米ぬか(福岡県産)、米ぬか(福岡県産)、玄米胚芽(福岡県産)、ハトムギ(福岡県産)、もちあわ(熊本県産)、もちきび(熊本県産)、そば米(北海道産)、大豆(福岡県産)、トウモロコシ(北海道産)、ごぼう(宮崎県産)、大根葉(宮崎県産)、キャベツ(熊本県産)、パセリ(福岡県産)、白菜(熊本県産)、高菜(熊本県産)、人参(福岡県産)、青じそ(福岡県産)、ケイズマイスター(国内産)、発酵調味料(国内産)、玄米(福岡県産)、低塩にぼし(長崎県産)、菜種油(富山県産)、卵殻カルシウム(国内産)

    成分表(100g当たり)
    たんぱく質 22.5g
    脂質 10.3g
    ナトリウム 340mg
    炭水化物 55.1g
    灰分 5.3g
    カルシウム 300mg
    リン 210mg
    水分 6.8g

    エネルギー 403Kcal

    1日の給与量

    体重(kg) 給与量(g)
    2.3以下 約30〜40
    2.3〜4.5 約40〜65
    4.5〜6.8 約65〜85
    6.8〜9.1 約85〜100
    9.1〜13.6 約100〜140
    13.6〜22.7 約140〜210
    22.7〜31.8 約210〜270
    31.8〜49.8 約270〜370

    ※「給餌量の目安」は、当面の目安と考えてください。
    あとは、体型を観ながら増減してください。

    HappyLoveの原材料は粉ではありませんので、どうしても硬くなるのです。
    お湯をかけてもふやけません。
    中身がぎっしり詰まっているから硬いのです。
    乾燥させただけで脂肪分も少ないので、スープと時々お好みのオイルを小さじ1杯程度かけて食べさせてあげてください。
    スープをかけると原材料が粉ではありませんから浮きません。

レビュー

0件のレビュー
◆効能効果の記載について
効能効果の記載が認められていない商品について、身体機能の向上、
改善、疾病の予防、治癒などに関する記載はお断りしております。
間接的な表現、示唆するような表現、成分の説明などでも同様となります。