NOW FRESH ナウフレッシュ アダルトキャット 成猫用 [now-ca1]


1、新鮮素材だから栄養たっぷり!

原材料に使用するお肉は100%フレッシュミート。
新鮮なターキーやダック、サーモンの生肉だけを主タンパク源として使用しています。
また、他の素材にも徹底的にこだわり、新鮮な4種のベリー(ブルーベリー、クランベリー、ラズベリー、ブラックベリー)をはじめ、多種多様な野菜やフルーツを使用。
さらにレンダリング(※)されていないココナツオイルやキャノーラ油といったフレッシュオイルだけを厳選して使用しています。
※レンダリングとは、畜産副産物を高熱で処理し、油脂分を採取することです。

2、素材のチカラを壊さない、こだわりのSCSB製法

新鮮さと素材のチカラにこだわるNOW FRESHは、全く新しいSCSB(Slow Cooked in Small Batches)製法を採用。
少量をゆっくり時間をかけて低温(90℃)で調理することで、新鮮素材のチカラを最大限活かす工夫をしています。

3、お腹にやさしい。だから素材が活きる。

NOW FRESHは、犬が消化を不得意とする穀物を一切使用していないグレインフリーのドッグフードです。
また、健康に欠かせないプロバイオティクスとプレバイオティクス、加工品では不足しがちな消化酵素もしっかりと配合しています。
アレルギーにも配慮し、一般的にアレルギーが出やすいといわれているトウモロコシや大豆、小麦などの穀類や、それらの精製品は一切使用していません。

NOW FRESH ナウフレッシュ アダルトキャット 成猫用 [now-ca1]

販売価格: 1,400円~7,000円(税別)

(税込価格: 1,512円~7,560円)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

サイズ:
数量:

 

  • アダルトキャット(成猫用)

    特徴
    NOW FRESH アダルトキャットは、新鮮な七面鳥肉、サーモン、鴨肉とココナツ油、キャノラ油由来の新鮮なオメガ3&6脂肪酸を使用しています。
    穀物、グルテン、小麦、牛肉、トウモロコシ、大豆を使用しておりません。
    また、レンダリングミートミール、副産物、化学的防腐剤を一切含みません。

    原材料
    ターキー(生・骨抜き・七面鳥)、ポテト粉、エンドウ豆、ポテト、エンドウ豆繊維、鶏卵(乾燥・全卵)、トマト、キャノラ油(ミックストコフェロールで酸化防止)、フラックスシード、天然香料(チキン由来)、ココナツ油(ミックストコフェロールで酸化防止)、サーモン(生・骨抜き・鮭)、ダック(生・骨抜き・鴨)、リンゴ、ニンジン、カボチャ、バナナ、ブルーベリー、クランベリー、ラズベリー、ブラックベリー、パパイヤ、パインアップル、グレープフルーツ、レンズ豆、ブロッコリー、ホウレン草、カッテージチーズ、アルファルファスプラウト、アルファルファ、炭酸カルシウム、リン酸、塩化ナトリウム、レシチン、塩化カリウム、DLメチオニン、タウリン、ビタミン類【ビタミンEサプリメント、Lアスコルビル2ポリフォスフェイト(ビタミンC源)、ナイアシン、イノシトール、ビタミンAサプリメント、硝酸チアミン、dパントテン酸カルシウム、塩酸ピリドキシン、リボフラビン、βカロテン、ビタミンD3サプリメント、葉酸、ビオチン、ビタミンB12サプリメント】、ミネラル類【タンパク質キレート亜鉛、硫酸鉄、酸化亜鉛、タンパク質キレート鉄、硫酸銅、タンパク質キレート銅、タンパク質キレートマンガン、酸化マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム】、ケルプ(乾燥)、Lリジン、チコリ根(乾燥)、ラクトバチルス・アシドフィルス(アシドフィルス菌)発酵生成物、エンテロコッカス・フェシウム(フェシウム菌)発酵生成物、アスペルギルス・ニガー(黒麹菌)発酵生成物、アスペルギルス・オリザエ(麹菌)発酵生成物、ユッカシジゲラ抽出物、Lカルニチン、マリーゴールド、ローズマリー(乾燥)

    保証分析値
    粗タンパク質 31%以上
    粗脂肪 18%以上
    粗繊維 2.5%以下
    水分 10%以下
    粗灰分 6.5%以下
    リン 0.6%以上
    マグネシウム 0.09%以下
    タウリン 2400mg/kg以上
    オメガ6脂肪酸 2.4%以上
    オメガ3脂肪酸 0.48%以上
    プロバイオティクス 90,000,000 CFU/lb 以上
    (アシドフィルス菌、フェシウム菌)

    代謝カロリー 3,862kcal/kg

    原産国
    カナダ

レビュー

0件のレビュー
◆効能効果の記載について
効能効果の記載が認められていない商品について、身体機能の向上、
改善、疾病の予防、治癒などに関する記載はお断りしております。
間接的な表現、示唆するような表現、成分の説明などでも同様となります。