冷凍



当店のお肉はすべて、人間用の製造ラインをもった工場で製造加工されております。
安心してご利用下さい。


お肉には目的により、生肉だけを使った物と、骨や内臓をミックスした商品があります。肉だけの商品は人間用に加工された物とおなじですが、骨や内臓をミックスした商品はペット用に栄養をバランスよく捕れるように加工された物です。

パラパラと真空パックの違い

真空パック

ミンチまたは角切りにされた肉をパッケージにいれ急速冷凍されます。肉の旨みがギュッと閉じ込まれます。
100gパックから500gパックが用意されておりますのでペットの食べる量により使い分けられます。

パラパラ

ミンチやスライスの状態で急速冷凍されます。解凍時に多少水気がのこりますが、使いやすさは抜群です。必要な量だけ取り出して解凍ができます。

生肉のローテーションの必要性
野生の動物はその時に狩をして獲得した肉を食べますよね。これと同じで飼い主がタンパク源となる生肉の種類をコントロールをしてあげなければいけません。当店では生肉のローテーションをお薦めしています。
最初はどの生肉にするか悩んだら馬肉から始めて下さい。馬肉は低カロリー高タンパク質で生食としてもっともポピュラーな肉です。
当店では馬肉を始めラム、ベニソン、鶏、牛、オーストリッチ、カンガルー、ターキー、ラパン、さかな、各内臓等必要な生肉は全て揃っております。

生食の必要性
初めて与えるときは少し湯がいても構いませんが、なるべく生で与えてください。
どうしても湯がいて与えたい方はタウリンなど酵素が欠けてしまう場合があります。天然サプリで補うようにしてください。
生食することで生きた酵素が取得出来ます。この酵素はペットの免疫を高め、病気にかかりにくい体をつくります。
骨は湯がいたりしますと硬くなりますので注意が必要です。
ドッグフードをメインに与えている場合でも、トッピングでお肉を入れてあげると、食用増進、毛艶など改善してきます。ただし、肉の割合を多くしてしうと、バランスが崩れますのでトッピング程度にしてください。どうしてもたくさんあげたいときはドライフードを半分にして、残りを肉と野菜を等量にし、バランスを保ってください。

生肉の与え方
通常慣れている子は問題ございませんが、 初めての子は生肉独特の臭いで食べなかったり、下痢をする子がいます。その場合は多少湯がいてあげてください。段々食べてくれるようになりましたら、少しずつ生に切り替えてください。

賞味期限について
取り扱い製造もとによって賞味期限の考え方はまちまちです。ご家庭の冷凍庫は頻繁に開け閉めが多いと思われますので、できましたら、1ヶ月以内で消費できるようにお願いします。

解凍について
解凍は冷蔵庫でゆっくりと解凍をしてください。
パラパラの商品は一回に必要な量だけ解凍してください。真空パックされているものは、パックを解凍して必要な量を与えて下さい。パックに残ったものは冷蔵庫保管で2から3日以内に食べきってください。食べ残しは破棄するようにお願いします。 当店では真空パックは100g〜500gを揃えておりますので2〜3日程度で食べきれる量をお求め下さい。

冷蔵商品について
当店の取り扱い馬肉には生の馬肉もございます。生の馬肉は通常2〜3日で消費しなければいけないのですが、一切冷凍されておりませんのでご家庭で冷凍保存ができます。食べきれない分は冷凍で保存して少しずつ解凍してご利用ができます。

余裕をもってご注文を御願いします
商品の性格上たくさんの在庫をもちません。またご注文都度取り寄せる商品もございます。
余裕を持ってご注文を御願い致します 。


プレミックスとは肉以外に必要な野菜、果物、穀物(不使用もあります)を乾燥させて総合食として作られております
健康一番 Dr. Harvey's ケーナインヘルス オネストキッチン ジールなどがあります。


表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

72